DLD Inc.

株式会社ディーエルディー薪ストーブの販売、設計・施工、メンテナンスおよび薪の供給 薪ストーブのことならすべてお任せください!

ウェッタリングス

熟練職人たちによるハンドメイドアックス

ウェッタリングス

斧などの林業用品を製造、販売している100年以上続くスウェーデンの老舗メーカーであるウェッタリングス社は、1882年に創業者のオットーとその兄、スヴェンアクセルのスウェーデンの小さな鍛冶屋から始まり、100年以上たった今、斧やその他のツールなど生産する会社として世界にその製品を供給しています。

ブランドについて

150年の歴史

image04

ウェッタリングスは、スヴェンアクセルとオットーの兄弟により1880年に創業された、スウェーデンで最も古い斧のメーカーです。

現在はスウェーデンの北部、Storvikに工場を構え、伝統的な製法で様々な種類の斧を作り続けています。ウェッタリングスで製造し ている斧は、スプリッティング(薪割り)アックス、フォレスト(伐採用)アックス、そしてカーペンター(大工用)アックスの3種類。一日に約50〜100 本を生産しています。熱気とすすにまみれた職人たちが、100年以上にわたって受け継がれた技術で、魂を込め作りつづけている斧は、耐久性とパフォーマンスに優れていることはもちろん、工芸品としての美しさも兼ね備えた斧です。
_image05

 

昔からスウェーデンに伝わる格言に、「古いものの方が長く使える」というものがありますが、その格言どおり、ウェッタリングスでは1930年台から使っている機械が現役で活躍しています。

img_wetterrlings_02_03

 

伝統と改革をつづける工場

Storvikはスウェーデン鋼を製造している最も歴史のある地域の中心地です。

ウェッタリングスの、女性を含むスタッフは、鍛造、成形、鍛接、焼き入れ、焼き戻し、研磨、柄付けなどすべての製造工程をローテーションで回しています。
この方法には、3つのメリットがあります。まず第一に、ある一つの作業ばかり続けることで起こる体の疲労を防ぐため。第二に、誰かが仕事をできない時、他 のスタッフがその仕事をカバーできるようにするため。第三に、次の作業のことを熟知することによって、どうすれば次のスタッフがやりやすいかを考えながら 仕事を回すことができるため。
この画期的な方法により、格段に作業効率と製品のクオリティが上がりました。現在、新たに2人のスタッフが入社しましたが、彼らも順々に各工程をマスターしていくことでしょう。

オフィス、工場内の電気は、すべて自社水力発電でまかなわれています。スウェーデンは光熱費が高額なため、長年使っていなかった古い水力発電装置を、 CEOのジュリアのアイディアで復活させたもの。今では、なんと電気代がゼロ。環境にも優しいカンパニーを目指しています。

製品ラインナップ

img_contact_27
img_contact_27

設計、施工〜メンテナンスまで、すべてDLDが行います。だから安心!

プランニング〜薪ストーブの機種選択 施工 メンテナンス薪の供給 オーナーズクラブ 薪ストーブの導入までの流れ img_contact_27