機能紹介〈キャタリティック燃焼〉

「キャタリティック燃焼」で暖かく、燃費がよく、クリーンな理想の薪燃焼システムが実現しました。

ダッチウエストのフェデラルコンベクションヒーターやセネカ、セコイヤは、キャタリティック(触媒)方式を採用しています。
キャタリティックとは、一次燃焼、二次燃焼の後、未燃焼ガスをさらにキャタリティックコンバスターに通すことで、熱エネルギーを余すところなく取り出し、クリーンな排気を目指した燃焼方式です。

  • キャタリティック燃焼のしくみ
    一次燃焼で発生した不燃焼ガスは、バッフルで過流をかけられ、エアーディストリビューターから出てくる新鮮な空気と混ざり合います。そのガスがハニカム構造のキャタリティックコンバスターを通過することにより、強力に発火します。結果、不純物の90%を再燃焼させることができます。
  • キャタリティックコンバスター(触媒)の素材と効果
    ダッチウェストが使用しているキャタリティックコンバスターは、“空気浄化発熱触媒”を行うために、セラミックまたはステンレス・スチールに、レアメタルであるパラジウムを被覆しています。このパラジウムは、常温でも遠赤外線を放出していますが、熱エネルギーとの相乗効果により強力な温熱効果が得られます。

火のあるくらしを楽しもう

ショールーム